rinen
homedocter
expert
kanpou
digital
 

サイトマップ

  メールはこちらへ
 

 

脳 卒 中


top kamoku jikan access profile

 

「脳卒中」には、(1)「脳溢血(のういっけつ)」とも呼ばれる、脳の血管が破れて脳の中に出血してさまざまな神経症状を引き起こす、「脳出血」、(2)脳の動脈が狭くなったところに血液のかたまり(血栓)がつまる「脳血栓」、脳の血管に血液によって運ばれてきた血栓などがつまる「脳塞栓(のうそくせん)」、によって血管の先に血液が送られなくなることで脳の一部が死滅してさまざまな神経症状を引き起こす「脳梗塞(のうこうそく)」、(3)脳内にできた動脈瘤(どうみゃくりゅう)などが(脳に三つある膜の一つであるクモ膜の下で)破裂して脳の表面に出血し、さまざまな神経症状を引き起こす「クモ膜下出血」、があります。

 

「がん」「心臓病」と並んで「三大成人病」の一つに数えられる「脳卒中」は、突然発症して急速に進行することの多い、怖い病気です。が(1)高血圧、高脂血症、糖尿病にならないように気をつけて(年を重ねたことによる以外の)動脈硬化を避けられれば脳卒中になる可能性が大幅に低下すること、と(2)脳卒中を発症しても、その直後に適切な対応がとられれば重篤にならずに済んだり後遺症が軽くて済んだりすること、が明らかになっています。

 

写真「カードボックス」医療機関を受診すれば当然のことながら医療費の一部を自己負担しなければなりませんし、場合によっては何回か通院することになりますが、「頭痛」「めまい」「まひ」「しびれ」といった軽い神経症状があってそれが数日間続くようなときには、「重い病気が隠れている可能性があるのではないか」と考えられて、できるだけ早い時期に神経内科医のいる医療機関を受診されることをお勧めします。

 

 

当院の場合、漢方でいう「未病(みびょう、まだ発症してない段階での病気の見出し)」という発想に基づいて、「軽いうちに重篤な病気の芽を見つけ出そう」と慎重な鑑別診断を行います。また、「何も症状はないけれども、発症そのものを予防したい」とお考えの方々のためには健康診断も行っています。

不幸にして突然脳卒中が起き、障害が残ってしまうと、大量に使う高価な薬代の一部を自己負担するだけでなく、入院治療とリハビリ治療と後遺症を抱えての通院とで苦労されることになりますし、ご家族の方にも入院、リハビリ、通院時の付き添いと(介護保険を使える部分はあるにしても)自宅での介護で少なからぬ負担をかけてしまいます。
各々に
受診費用は伴ないますが、(1)血圧を注意するだけでも「脳卒中にならずに、後日、医療費を負担しないで済む確率」が高まります。また(2)すでに脳卒中を発症された方についても、軽い症状のときから通院をして「血流を良くする薬」の投与を受け続けることで、かなりの程度その再発を予防することができます。

やはり、発症を予防したり、早期発見で再発を防ぐことが大切なのです。「ご一緒に脳卒中などを防ぎましょう」とお呼びかけをする所以です。

 

最初に戻る

予約なし診療制] [臨時休診日] [検査料金と所要時間] [電子カルテシステム] [健康診断


トップページへ

 

主なご紹介先病院

仙台オープン病院 様
広南病院 様
泉病院 様
仙台東脳神経外科病院 様
仙台徳洲会病院 様
泉整形外科病院 様
大崎市民病院鳴子温泉分院 様
仙台社会保険病院 様
東北公済病院宮城野分院 様
仙台厚生病院 様
仙台循環器病センター 様
東北労災病院 様
光ヶ丘スペルマン病院 様
東北大学付属病院 様
JR仙台病院 様
泉中央病院 様
国立仙台医療センター 様
国立宮城病院 様
国立西多賀病院 様
仙台市立病院 様

(紹介状件数順、通称で表示)

 

主なご紹介先専門クリニック

あおば脳神経外科 様
明石台レディースクリニック 様
池田クリニック 様
泉中央皮ふ科クリニック 様
岩田神経科内科クリニック 様
牛込医院 様
江川クリニック 様
北原整形外科 様
シオノ眼科 様
南光台伊藤クリニック 様
花田消化器科・内科 様
春樹記念眼科診療所 様
丸山アレルギークリニック 様
武者クリニック 様
村上胃腸科クリニック 様
森洋子クリニック 様
八乙女クリニック 様

(五十音順)